適当でいいのさ

情報発信ビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓

こんにちは、藤田 陸です。

0から商品をリリースするクラインアントさんによくあるのですが、初めから完璧求めすぎてなかなか次のステップに進まない時があります。

「動画で何度も噛んでしまったので初めから撮ります」「レターのライティングに時間がかかっています」など

色々あるのですが、私からするとある程度形になっていればそれでいいよということです。

なぜなら、売った実績が0ならまずは商品を売るというのが最も大事だからです。

実際に、私自身も新しい仕組みを作った時はまずはLPを作って広告に出した時にどれくらの反応とれるかをみてそこから結果に応じて修正していきます。

また、仕組みを作り終えた段階で「商品も今から作らないとだめですよね」っていう質問があるのですが、商品は売れてから作るんです。

なぜなら、商品を先に作ったとしてもそれが売れなかったらどうするの?ってなるからです。

そこにあてた時間すべて無駄になります。

この場合は商品を作ることよりもセールスに全力投球で挑むほうが最短で結果が出ます。

集客よりも仕組み作りよりも商品を売るのが1番難しいからですね。

なので、実績ゼロとかの場合ならまずは、とにかく売ることにフォーカスあてたほうがいいでしょう。

売れた後のことは実際に売れてから考えればいいのです。

そんな感じでいいのって思う方もいるかもしれませんが私のまわりのうまくいっている人たちはこれくらいのラフさがあり完璧主義な人は1人もいません。

とりあえずやってみてその結果に応じて追求していくほうが成長スピードでは圧倒的です。

なので、初めから完璧を求めすぎずある程度適当でいいよーってことですね!

情報発信ビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓