ブログアフィリエイトの記事に画像は入れたほうがいいのか?

情報発信ビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓

“” “” “l”]こんにちは!藤田です。今回は、「ブログの記事に画像は入れたほうがいいのか?」について解説します。

サイトに画像は必要?

サイトとは、ある商品を、あなたが広告主に代わって宣伝をして、そしてその商品が売れたら、広告主から報酬がもらえるというビジネスモデルです。

あなたが宣伝する商品の良さや、商品の概要などをサイト内で説明するため文章は必須になるというのは、についてリサーチしているあなたなら、容易に想像がつくでしょう。

文字の羅列のみのスーパーのチラシや、不動産のチラシなどと同様に考えて、サイトに画像を入れないのは、かなりの機会損失につながります。

スーパーのチラシなどとは違うので、画像を入れたりイラストを入れたりして読みやすいレイアウトのサイトを作ったほうが、ユーザーファーストのサイトとなり、最終的にはあなたの報酬につながるのです。

なので、特別な理由がない限り、ブログの記事本文には絶対に画像を入れたほうが良いといえます。

ブログに画像を入れたほうが良い理由や、ブログにどのようなシチュエーションで画像を入れるべきかなどについて、以下の項目で解説しますので、参考にしてみてください。

最後まで読んで欲しい場合は適度に画像を入れよう

ブログをする際に、文章を一生懸命書いても、最後まで読まれなかったら関連記事をクリックされなかったり、リンクをクリックされなかったといった機会損失が起こります。

それに、一生懸命、あなたがをする商品の良さを伝える文章を書いていたとしても、最後まで読まれなかったら結局は商品の素晴らしさがユーザーに伝わらず、コンバーションにつながらないという自体にもなるのです。

そうなってしまっては、サイトを作っても商品が売れないサイトになってしまいます。

あなたが書いた文章をしっかり読んでもらい、あなたが作ったサイトから販売サイトに飛んで、商品を購入してもらうためには文字だけでは駄目です。

文章の合間に画像をはさんで、最後まで文章を読んでもらうようにしましょう。

文章だけの記事だと、ユーザーが記事を読んでいるだけで疲れてしまったり、文字だけでは商品のイメージがいまいち浮かばず、そのまま記事から離脱してしまうということもあります。

記事からの離脱を防ぎ、最後まであなたが書いた記事をしっかりと読み、コンバーションまで持っていくためには、文字だけの記事ではいけません。

しっかりサイトを収益化したいのであれば、記事内に画像を貼ったり、アイキャッチ画像を設定し、サイトの両サイドに表示させることで関連記事を読ませる等、画像に頼ったサイト構築が必要になるのです。

セルフバックを利用して画像を撮影するのもおすすめ

画像の種類でおすすめなのが、自分で撮影した画像を使うことです。

グーグルはオリジナリティのある記事を評価してくれますので、あなたの体験談を盛り込んだ記事は高く評価されます。

グーグルだけではなく、あなたのサイトを訪れたユーザーにも評価される記事となることでしょう。

ただの文字がたくさん書いてあって、商品の良いところだけが書いてあるサイトよりも、商品の公式サイトに載っていないような、ユーザーに近い目線での記事はあなたのサイトを訪れるユーザーからの評価もとても高いものとなります。

の広告案件をアフィリエイターたちに供給してくれるASP会社を通してセルフバックできる案件がある場合もあるので、利用してみるとよいでしょう。

ASPサイトを通して商品を購入するセルフバックは、通常の価格よりも安く購入することができるので、おすすめです。

セルフバックを利用して紹介したい商品を購入すれば、安い価格でまずはあなたが商品を体験し、その生の体験を文章に落とし込むことができます。

さらに、商品が手元にあるため、その商品を撮影してブログにアップすれば画像があるためあなたが書いた説明文にも説得力や信ぴょう性が増すので、コンバーションにつながりやすくなり、あなたに報酬が入りやすいサイトを作ることができるのです。

リアルな画像はなるべく入れたほうが良いので、実体験を落とし込んだブログを作るよう、心掛けましょう。

形のないサービスの場合も画像は有効

は、化粧品や健康食品、サプリメントなどといった形のあるものの宣伝をサイト内で行うものというイメージもありますが、形のない商品もたくさんあります。

例えば、パソコンのウイルスソフトやWi-Fiサービス、ネット回線や習い事系の広告案件は、あなたがいくら生の体験したとしても、画像を付けるのは難しい場合もあるでしょう。

だからといって、画像を挿入しなくても良いかというとそういうわけではありません。

先述したとおり、ユーザーに文字が詰まった文章を読ませ続けると、ユーザーが読み疲れてしまい、文章の途中で離脱したりして、リンクまでたどり着かなかったりします。

あなたが良い記事を書いていたとしても、読ませる記事構成になっていなければユーザーは読んでくれない場合もたくさんあるのです。

手元に商品画像がない場合や、画像を手に入れるのが難しい無形サービスの場合、広告主が公開している広告バナーを画像代わりに使うのも、1つの手です。

しかし、これだけだと物足りなくなってしまうので、その場合は商用フリーサイトから画像をダウンロードしてあなたのサイトに貼り付けることで、テンポの良い文章にしましょう。

そのように形のないサービスでも画像を記事内にはさむことで、最後まで読んでもらえる記事構成になるのでコンバーションに結び付きやすい記事を作ることができます。

画像は商用可のものを

サイトをする際は、あなたが書いた文章を最後まで読んでもらったり、する商品に対する良いイメージをユーザーに持ってもらうために、画像を設定しなければなりません。

やブログ運営が一般的になった現在、ネット上にはいろいろなフリー画像サイトがたくさんあります。

そのような商用利用可で、無料で画像をダウンロードできるサイトはあなたの助けとなることでしょう。

そこから画像をダウンロードして、あなたのサイトに貼り付ければ、実際に商品画像を手に入れるのが難しい商品や、形のない無形サービスの紹介、リンクに直接関係ない記事でもユーザーに有益な情報をもたらす記事まで、幅広く応用することができます。

そして、広告主が出している商品の公式サイトから画像を引っ張ってくるということも可能です。

広告主も売り上げを上げたいと思っているので、画像の引用程度は目をつぶろうと思っている業者がほとんどなのが現状ですが、まれに画像の引用を厳しく取り締まる業者もいますので、注意してください。

もし、広告主の公式サイトから画像を引っ張ってくるのが不安であれば引用元のURLをしっかりと記載して、引用元のURLを明らかにしておくことをおすすめします。

ブログアフィリエイトにおすすめフリー画像一覧まとめ

SNS拡散を意識したアイキャッチ画像を選ぼう

ワードプレスでブログをしている場合は、アイキャッチ画像を選定することができます。

アイキャッチ画像とは、ブログ内で関連記事のイメージ画像として出てきたり、トップページに行って記事の一覧をチェックしようと思ったときに、記事タイトルが書いてある文字の下に出てくるイメージ画像のことです。

ブログはSEOなので、内部リンクを結んだり、キーワード選定をしたりして、検索流入を狙う、待ちのとして捉えられがちですが、ワードプレスでをしている場合は、積極的にSNSでの記事も視野に入れてアイキャッチ画像を選んでください。

検索エンジンを利用する人は、今すぐに痩せたい人や今すぐに筋肉を付けたり、ニキビを直したい人など、切実な悩みを持った人が検索を掛けます。

そのため、あなたが書いた記事も、検索結果に表示された時点でタイトル文字やディスクリプションを読んだだけでクリックしてもらえます。

しかし、SNSの場合はなんとなく投稿を見ている人が大半なので人目をひくキャッチーな画像をアイキャッチ画像に選定し、クリックしてもらえるようにしてください。

そうすることにより、SNSからの流入が期待できるので、待ちのSEOだけではなく攻めの集客をすることも可能になります。

画像は絶対に入れて分かりやすいサイトにしよう

サイトであっても、グーグル上のサイトなので良質な記事を書かないとBAN対象になり、検索圏外に飛ばされてしまうこともあります。

機械で生成した記事などは論外ですが、画像が入っていないとグーグルではなくユーザーの満足度が下がってしまい、いくら素晴らしい記事を書いても、あなたに収益として還元されるのが難しい部分があるもの事実です。

文字が詰まった文章になると、ユーザーがサイトから離脱してしまう原因になりますので、画像を適宜に入れてユーザーが読みやすいレイアウトになるようにサイト構築をしなくてはなりません。

実体験を落とし込んだレビューのようなサイトを作りたい場合は、セルフバックできる案件を利用して、安い金額で購入しレビューすると良いでしょう。

リアルな写真を自前で撮影することもできますし、実体験を落とし込んだ記事も手軽に書けるのでハイクオリティなサイトにすることができます。

手元に商品画像がない場合や、自分での撮影に納得がいかない場合はする商品の公式サイトから画像引用も、ほとんどの場合、可能です。

無形サービスやに直接関係ないけれど、関連する役立つコラムなどを書くときには、フリー画像サイトから商用利用可のものを引用する方法もあります。

文字だけのサイトは、収益が期待できないサイトになってしまうので、画像は忘れずに挿入して、自分のサイトをしっかり収益化できるようになりましょう。

情報発信ビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓