トレンドアフィリエイトでアクセス(PV)が伸びない時にする対処法   

藤谷陸
こんにちは!藤谷です。

どれだけ記事を書いてもアクセスが一向に伸びない時、それはもしかしたらトレンドアフィリエイトの運営方法に問題があるかもしれません。

どんな時でも正しい方法で運営しているば、必ずアクセスが伸びます。

記事を書いても書いてもアクセスが伸びないなんて無駄な時間をすごさないように、正しく運営して、アクセスがたくさん来る強いブログに育てていきましょう。

始めて間もない時にアクセスが伸びないワケ

トレンドアフィリエイトを始めて1か月ぐらいで結果を出したいという願望があると思いますが、どうしてなかなかアクセスが伸びないのでしょうか?

その理由に迫ります。

トレンドアフィリエイトを立ち上げてから運営期間が短い

トレンドアフィリエイトを立ち上げ始めて、一定のアクセスを集めるには時間が必要です。

なぜならGoogle は新しく作ったばかりのドメインには厳しく、最初のうちにたくさん記事を書いたとしてもほとんどインデックスされません。

アクセスが集まる目安としては、トレンドアフィリエイトを立ち上げてから大体3か月ぐらい経てばインデックスされ始めますので、1か月や2か月ぐらいはアクセスが伸びないのは当然だと思っていてください。

記事数が足りない

トレンドアフィリエイトを始めたなら、アクセスを気にせず最低でも50記事は書き続けてください。

20記事くらい書いて挫折する方が多いですが、毎日ブログを書き続けましょう。

検索エンジンに認識してもらうまではある程度の記事量が必要です。

そして記事の数だけではなく1記事あたりにおける文字数も大切です。

ブログの記事にはどれくらいの文字数が妥当だと思いますか?

はっきりとした定義があるわけではないですが、文字数は2000~3000文字前後が妥当でしょう。

これは読者が飽きないで集中して読める文字数の平均だからです。

読者がブックマークをしたりSNS で拡散したりしてくれれば、さらにアクセスを集めることができますよね。

読者が読み終わって、そういう行動を気軽にしてくれるのがこの辺りの文字数となります。

記事更新をサボっている

トレンドアフィリエイトでは、記事を毎日更新することがおすすめです。

人によっては本業の方が忙しいと毎日は難しい、という方もいるかもしれませんが、1日にたった1記事でもいいですので更新を忘れないで欲しいです。

更新をするというのはいつも楽しみにしている読者に記事を提供するというだけでなく、Google に評価してもらうにも重要なことです。

記事を更新しないことには今までの読者も離れますし、もちろん新しい読者がつくこともありません。

とにかく最低一日一記事を目標に、できれば1日に3記事書いて毎日更新するのがベストです

記事の内容に問題がある場合の対処法

アフィリエイトを始めてからおよそ3か月以上経っているにもかかわらず、全くアクセスが伸びない場合はブログの記事の書き方や内容に問題がある可能性があります。

検索ユーザーがブログを読む記事の量は大体、1日に2記事から3記事くらいです。

その2記事から3記事を全て自分の記事を読むことで時間を割いてもらうには、それなりの内容がないと飽きられるでしょう。

記事の内容が薄い

トレンドアフィリエイトでよくあることですが、アクセスを伸ばしたいがために単純に記事をたくさん書くことだけに意識がいっている場合があります。

訪れる検索ユーザーに満足してもらえるような、ユーザー目線の記事を書く必要があります。

50記事程度の記事を書いているにもかかわらず、アクセスが伸びない場合記事の内容が薄て Google からの評価が低い可能性があります。

内容の濃い記事を書き続ければ必ず上位表示されますので、その時はアクセスを急激に伸ばすこともできるでしょう。

最低限の記事数は大事ですが、アクセスを集めるには書いた記事の一つ一つの内容を濃くするということがポイントです。

ブログがグーグルに評価されれば SEO が強化され上位表示されやすくなりますから、自分が書いた記事が人に読みたいと思われる内容かどうか、再度吟味してください。

自分視点で独りよがりな記事

アクセスを集めるためには、自分視点で記事を書いていてはいけません。

ブログの記事というのは検索ユーザーに見てもらうものですから、自分ではなくユーザー目線の記事を書かないといけません。

訪れる読者は様々ですので、極端にこうだという決めつけで書いてはいけませんし、一方でどっちつかずの結論のない記事を書くことも NGです。

ユーザーが自分のブログでどういう意見を求めているのか、どういう結論を求めているのかということを意識して、記事を書いてください。

最低限、世間一般ではこういう考えが常識であろうという範囲から外れないことが大切です。

個人的な意見や感想がない

記事の内容は自分視点で独りよがりなものではいけませんが、一方で個人的な意見や感想などのない個性の全くないものであってもいけません。

私の考えではここが一番、他のブログと差別化できる点だと思います。

提供する情報は変えて伝えることはできませんし、他のアフィリエイターの記事と似通ってくる場合がよくあります。

そこで読者をひきつけるのが自分の体験談や意見、そして感想です。

「このライターさんと気が合う」

「自分の言いたいことを代弁してくれている」

「他のブログのアフィリエイターと視点が違って面白い」

自分にしか書けないこと、自分だから伝えられることはブログの個性です。

はじめのうちは情報の提供でいっぱいいっぱいかもしれませんが、慣れてくると個人的な感想も含めて書くことができるようになりますので、それまではアクセスが集まらないことに焦る必要はありません。

キーワードの選定に問題がある場合の対処法

たとえ、良い内容の記事を書いても、狙っているトレンドキーワード選定に問題があればアクセスは集まりません。

せっかく他の人が検索しないニッチなキーワードを探し出して上位表示をしても、それが検索需要がないキーワードでしたら読者に興味を持ってもらえません。

確かにライバルが少ないニッチなトレンドキーワードを選ぶことは大切ですが、ある程度の検索需要がなければ、望むほどのアクセスは来ないでしょう。

どのようなキーワードがたくさん検索されていて、なおかつライバルが少ないかをきちんとリサーチした上で記事を書くことが大切です。

ネタの旬が過ぎている

トレンドアフィリエイトは時間との勝負です。

いち早く記事を書き上げたアフェリエイターが勝ちます。

私にも経験があるのですが、芸能人やスポーツの話題をネタとして扱う時は相当注意が必要です。

今までにない、初めての人や物ですから事前の知識がありません。

つまり常日頃、様々なものにアンテナを伸ばしていたとしてもトレンドネタ情報を集めるのに手間取り、記事を公開する頃にはすでにネタの旬が過ぎていた、というケースが少なくありません。

ここで一番悔しかったのは、せっかくサッカーのワールドカップの記事で注目選手についていち早く記事を書いたにも関わらず、その選手選が怪我をして検索需要がいっきに減ってしまったことです。

せっかく力を入れて書いた記事でも徒労に終わることはあります。

よーいドンで旬な話題を書いて勝つには、一つの記事を30分から1時間以内で書かないといけないということが身にしみました。

もし自分の記事が第一情報源になるのが難しいのであれば、未来に集まると予想できるネタの中でも不測の事態が起きそうにない記事を仕込んで書いてください。

一瞬にして旬が過ぎて無駄になる記事ではなく、今後も需要が見込まれるキーワードやネタを含めて書いておくと多少時間が経過した後でも十分アクセスを伸ばせます。

狙ったキーワードのライバルチェックが甘い

検索エンジンの上位に表示されるにはライバルの記事を追い抜かないといけません。

そこで鍵となるのが狙ったキーワードのライバルをチェックすることです。

トレンドアフィリエイトを始めた頃は記事を書くことで夢中になり、ライバルチェックを怠ったり甘かったりすることがあります。

せっかく書いた記事でも検索上位に表示されなければアクセスは伸びません。

検索エンジンで訪れるユーザーのほとんどが、あまり時間をかけずに読みたいと思っています。

ほんの数分以内に情報を得たいと思っている人達にとって、検索エンジンの次のページはほとんど興味がありません。

そこで検索エンジンの上位に表示されるには、キーワードの選定が非常に大事になります。

このトレンドキーワードで果たして検索エンジンの上位に表示されるかどうかという事前のリサーチが欠かせません。

トレンドアフィリエイトを始めた頃はライバルよりも良い記事を作ろうと試行錯誤するより、ライバルが少ないキーワードを狙ってアクセスを呼ぶ方が効率が良いでしょう。

トレンドキーワード選定とライバルのチェックはアクセスを伸ばすために非常に重要なポイントですから、絶対に手を抜かないでください。

アクセス解析による検証と反省をしていない

検索エンジンで自分のブログがどのように検索されているかを知りたいですよね?

検索エンジン大手の Googleでは、グーグルアナリティクスというアクセスを解析できるツールが無料で使えます。

これはトレンドアフィリエイターにとって大変便利なツールで、検索ユーザーの自分のブログに滞在していた時間、アクセス数などを詳しく解析することができます

さらにかどこの記事からユーザーが来てどの記事が読まれているのか読まれていないのかを具体的に知ることができます。

トレンドアフィリエイターにとって欠かすことのできないアクセス解析は早く慣れたもの勝ちです。

どこの記事からユーザーが入っていて、どの記事が読まれていないのかを具体的に知ることができますので、ブログ運営には欠かすことができないツールです。

アクセスがなかなか伸びない人は、このグーグルアナリティクスを上手に使えていない、アクセス解析を重要視していないことが多いです。

自分のブログの状況をきちんと把握してこそアクセスを伸ばせますので、自分のブログの問題点をしっかりチェックしそこから改善して行きましょう。

ネタがマニアック過ぎ

トレンドアフィリエイターの中には、選定したキーワードがマニアックすぎることがあります。

検索エンジンではもちろん上位に表示されるのですが、検索需要が少なすぎて人に読んでもらえません。

自分では良いネタだと思っていても、人にとっては何の興味もない可能性が高いです。

さらにマニアックなネタはSNSであまり拡散されません。

記事を書いて楽しんでいる趣味に終わってしまいますので、大勢の人が興味を持つ検索需要のあるネタに注目しましょう。

トレンドネタはネット上では無限にありますので、検索需要を意識して選定してください。

記事を書くこと以外にできる対処法

記事を質に気をつけて書くことや、適切なキーワードやネタの選定意外にもアクセスを延ばす方法があります。

やれることはすべてやっておきましょう。

ブログに流入口を増やす

アクセスをさらに伸ばしたいのであれば、ブログへの入り口は多い方がいいですよね。

自分の記事を検索エンジンで見つけてもらう他に、コマーシャルすることも大切です。

そこでSNS を最大限に利用しましょう。

自分で思ってもいなかったような所から、アクセスが来るということがあります。

私がアクセス解析をしていると、よく

「こんなところから読者がきたのか」

「この記事も読んでもらえた」

といった体験をします。

誰かが記事を読んで、

「これは興味深いし面白いから他の人も紹介しよう」

という具合にTwitterやFacebookで拡散してくれると、たちまちアクセスが集まることも。

拡散が広がれば被リンクも増えて記事の質が高まり、Google によって評価をえられやすくなります。

内部リンクを張る

PVを伸ばすには、内部リンクを充実させることも効果のある手段です。

例えばある一人の読者が自分のブログ記事を2つ読んだとしたら、それだけで2PVとなるので、内部リンクを充実させることで他の記事も読んでもらえ、自然とPVを上げることができます。

記事を書くので精一杯の方にとって内部リンクを張作業は面倒なことですが、それをすることでPVを倍にできますので、是非対策してください。

まとめ

正しい方法で毎日定期的に記事を書き更新すれば、必ずアクセスが伸びます。

ブログのアクセスが伸びない時にはトレンドキーワードやネタ、そして記事の内容などをもう1回見直ししましょう。

ペナルティーに気をつけて記事を更新し続ければ、検索上位に表示されるようになります。

できるだけ短期間で効率よくアクセスを伸ばすためにも、今回紹介したことを意識してトレンドアフィリエイトを実践してください。

 



藤谷のエピソードが漫画になりました!