キャッチコピーとは?作り方や事例!自分で簡単に作る方法教えます!

コンテンツビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓

藤田陸
こんにちは!藤田です

広告やコンテンツのを作成する際に、「キャッチコピー」が大事だとよく言われます。

ただ、「キャッチコピーってそもそもどういう意味?」「キャッチコピーってどうやって作れば良いの?」

そういった疑問を抱えている担当者の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、キャッチコピーとはそもそも何なのかということから、キャッチコピーの作り方や事例まで紹介・説明していきます。

この記事を読んで、キャッチコピーの意味や重要性を理解し、効果的なキャッチコピーを作れるようにしましょう。

キャッチコピーとは?キャッチコピーが重要な理由

キャッチコピーとは、広告やCMに使われる文章のことで、商品やサービス、企業などをPRする目的で使われます。

具体的には、以下のような効果を生み出すものです。

・商品やサービス、企業などのイメージをユーザーに印象付けること
・商品やサービス、企業などのイメージに興味を持ってもらうこと

例えば、「あなたと、コンビニ」と来ればファミリーマートを思い浮かべますよね。

また、吉野家の「はやい、やすい、うまい」を見ると、どんな牛丼なのか興味が出ます。

このようなキャッチコピーを効果的に使うことによって、商品・サービスの売れ行きを上げたり、企業を思い出すきっかけを作ったりするのです。

キャッチコピーの重要性

キャッチコピーは、商品やサービス、企業をPRするコピーライティングにおいて非常に重要な役割があります。

コピーライティングは、以下のような構成が基本です。

・タイトル
・本文
・クロージング

キャッチコピーは上記のうち「タイトル」の部分に利用されます。

つまり、本文を読んでもらいクロージング部分に誘導したいにもかかわらず、キャッチコピーが適切でないとそもそも読んでもらえません。

メルマガやサイトのページなど、最初に目に入るのは「タイトル」なので、効果的なキャッチコピーを作れるかが非常に重要なのです。

キャッチコピーの簡単な作り方!5つのポイント!

ここでは効果的なキャッチコピーを作る際の基本的なポイントを5つ紹介します。

キャッチコピーを作るのは難しいと思われがちですが、こちらで紹介するテクニックを取り入れれば効果的なキャッチコピーを作るのは意外と簡単です。

後ほど紹介するキャッチコピーの事例も合わせて参考にして、あなたのビジネスに取り入れてみてください。

ターゲットを選定する

まずは、あなたがPRしたい商品やサービス、企業のターゲットとなるユーザーを選定します。

なぜなら、漠然とした大衆に向けたキャッチコピーは、あいまいになり結果的に誰にも刺さらない文章になってしまうからです。

効果的なキャッチコピーにするには、例えば「英語学習初心者必見!」などの文言を入れると良いでしょう。

特定の誰かに向けたキャッチコピーにすることで、ターゲットになるユーザーが自分に関係あるコンテンツだと感じてくれます。

ベネフィットを提示する

ターゲットとなるユーザーが抱えているであろう悩みに対して、ベネフィットを提示します。

ベネフィットとは、ユーザーがその商品やサービスを利用することによって得られる「より良い未来像」のことです。

例えば、「3ヶ月でTOEICスコアを300アップする本」などの文章を見ると、ユーザーは300点アップした未来の姿を想像します。

「TOEICスコアを伸ばす独自の英語学習メソッドを凝縮した本」などは単なる特徴に過ぎないので注意しましょう。

具体的なイメージを持たせる

キャッチコピーに具体的なイメージを持たせると、ユーザーの興味を誘うことができます。

具体的には、実績や目標などを数値で表すというのが、1番簡単な方法です。

上で紹介した「3ヶ月でTOEICスコアを300アップする本」も、「3ヶ月」という期間と「300点」というスコアから、具体的なベネフィットをイメージできます。

その商品やサービスを利用することで得られるベネフィットに具体性をもたせるために、数字を効果的に使いましょう。

手軽さを感じさせる

サービスや商品を試してもらうためにベネフィットも大事ですが、意外と重要なのが「手軽さ」です。

例えどんな大きなベネフィットを得られるとしても、大きな労力や負担がかかるものには人間は手を出しません。

例えば、「1日2時間、たった3ヶ月でTOEICのスコアを300点伸ばす勉強法!」などとするとユーザーに1日2時間で良いことが伝わり、ハードルが下がります。

ベネフィット以上に、手軽さが商品やサービスに興味を持ってもらうには重要なのです。

恐怖や不安を煽る

最後に、恐怖や不安を煽るというのも、効果的なキャッチコピーのテクニックです。

なぜなら、人間は無意識のうちに良い面よりも、悪い面を考えてしまいがちだからです。

例えば、「〇〇するとお得です」と言われるより、「〇〇しないと損しますよ」と言われる方が気になってしまいますよね。

ただし、過剰に恐怖や不安を煽るとユーザーが不信感を感じてしまうので、過剰な表現は避けるようにしましょう。

企業のキャッチコピー名作を紹介【事例】

ここでは、上のテクニックを応用している企業のキャッチコピー事例を紹介します。

あなたのビジネスでキャッチコピーを作成する際に、以下の例を参考にすると良いでしょう。

ベルリッツ

「Excellent… (すばらしい製品です・・・すばらしすぎて言葉が・・・いや、英語が出ません)→そんな人ほど、よく伸びる。初級こそベルリッツです。」

上記の文言は、ベルリッツの広告に使われているキャッチコピーです。

英語学習初級者によくターゲットを絞れており、初級者にありがちな悩みを具体的に表現しています。

ターゲット選定とキャッチコピーへのターゲットの含み方に悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ライザップ

「たった2ヶ月で理想のボディラインにコミット!(ライザップ)」

2ヶ月という期間を数値で具体的に表しており、またユーザーにベネフィットを感じさせる文言を含んでいます。

ユーザーはライザップを受けると「理想のボディライン」を手に入れられると実感できるでしょう。

ベネフィットの見せ方に悩んでいる方は、ライザップの例を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、キャッチコピーとはそもそも何なのかということから、キャッチコピーの作り方や事例まで紹介・説明しました。

本記事の要点は、以下の通りです。

・キャッチコピーとは、商品やサービス、企業などをPRする広告やCMの文章のこと
・ターゲットにベネフィットを的確に伝え、商品やサービスに興味を持たせることが大切
・テクニックを取り入れれば、簡単に効果的なキャッチコピーを作ることができる

一見作るのが難しく見えるキャッチコピーですが、キャッチコピーの意味合いとテクニックを押さえてしまえば意外と簡単に作れることが分かります。

この記事で説明したキャッチコピーの意味や作り方を理解し、キャッチコピーの事例を参考にしながら、効果的なキャッチコピーを作りましょう。

コンテンツビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓