動画マーケティングとは?成約率がアップする5つのポイント

情報発信ビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓

藤田陸
こんにちは!藤田です

動画マーケティングって具体的にどんなマーケティング手法なんだろう?」「動画マーケティングの成約率を上げる方法を知りたい

ビジネスをやっている方は、こういった悩みや疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回はそういった方向けに、動画マーケティングの具体的な内容や、動画マーケティングで成約率をアップするポイントについて解説していきます。

この記事を読めば、動画マーケティングについての理解が深まり、商品やサービスの成約率を改善することができるでしょう。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、動画コンテンツを使用して商品・サービスのマーケティングを行うことを指します。

近年ではほとんどの企業がこの動画マーケティングを取り入れており、大企業だけではなく中小企業においても無視できないマーケティングの方法です。

ここでは、そんな動画マーケティングの概要にを説明するので、理解を深めた上で具体的な内容について学んでいきましょう。

動画マーケティングの効果

動画マーケティングの手法を取り入れることで、以下のような効果が期待できます。

  • 商品・サービスの成約
  • 企業ブランディングの向上
  • 商品・サービス・企業の周知

もちろんテキスト媒体でもこれらの効果は期待できるのですが、動画コンテンツの方が情報量が多いので効果的です。

また、テレビCMのように視聴場所が限定されないので、視聴される機会が増えるという面でも効果的であるといえます。

動画を利用するユーザーは増加している

若者のテキスト離れが叫ばれているように、年々動画の視聴ユーザーは増えており、近年ではその傾向が顕著です。

特にYouTubeやInstagram、TikTokといった動画コンテンツが主のSNSが台頭してきており、動画は生活の一部となりつつあります。

例えば、Googleの調査によると日本でインターネットを利用している人のうち、77%もの人がYouTubeを視聴しているというのです。

動画マーケティングの重要性は今後ますます増大していくと考えられるので、今のうちに取り入れておくべきでしょう。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングには、これまでのテキストベースのマーケティング手法に比べても、よりメリットが多くあります。

動画というコンテンツを利用することで、文字だけでなく映像や音声も届けることができるというだけでも、メリットが大きいことは分かるでしょう。

ここでは動画マーケティングのメリットについて、具体的に説明していきます。

テキストに比べ情報量が多い

動画マーケティングでは、テキストに比べて多くの情報をユーザーに届けることができます。

なぜなら、動画コンテンツでは文字以外に映像だけでなく音声でも情報を伝えることができるからです。

実際、聞き手が受ける影響のうち7%が言語情報であるのに対し、残りの93%は視覚情報と聴覚情報によるものだといわれています。

上手く動画コンテンツを利用することで、商品やサービスについて多くの良い点を紹介することができるでしょう。

ユーザーとの信頼関係を作りやすい

動画マーケティングの手法では、テキストだけのマーケティングに比べてユーザーとの信頼関係が作ることが容易です。

テキストや画像のみで情報を伝える場合、商品やサービスの実態や作り手の素性が分からず、安心し切ることができません。

一方、動画で作り手の顔や声が実際に見えるとザイオンス効果(複数回接触することにより好意が増す現象)により、サービスや商品への信頼度も高まります。

1度も実際に会ったり見たりしたことがなくても、動画を繰り返し見ると親近感がわくのはそのためです。

商品・サービスの認知を広めやすい

動画マーケティングでは、他のマーケティング手法に比べて商品やサービスの認知を広めやすいというメリットがあります。

役に立ったり面白かったりする動画コンテンツは、SNS(Twitter・Instagram等)で拡散される可能性が高いからです。

実際、Instagramなどで料理の作り方動画を短い尺でアップしている企業は、多くのフォロワーを抱えており人気を博しています。

日本人の誰もがSNSを利用している現在、動画マーケティングを行わないのはもったいないです。

動画マーケティングで成約率をアップする5つのポイント

ここでは動画マーケティングで成約率をアップするための具体的な施策について紹介します。

上で動画マーケティングの概要やメリットについて説明しましたが、実際どのような施策を打てば良いのか分からないかたが多いのではないでしょうか?

まずはここで紹介する施策を打ってみて、効果を測定しつつ改善していくのが良いでしょう。

動画マーケティングの目的を明確にする

今行なっている動画マーケティングの目的を再度明確にすることで、成約率をアップすることができます。

なぜなら、動画マーケティングと一言でいっても目的は様々で、目的によって適切なコンテンツも異なるからです。

具体的には、「認知を広める」「ブランディングを高める」「成約に結びつける」などの目的があります。

まずは、成約率を上げるためにマーケティングをしていることを明確にし、目的に合った動画コンテンツを作りましょう。

WEBサイトに自社の紹介動画を載せる

WEBサイトを自社で運営しているのであれば、SNSだけでなくサイトにも紹介動画を載せましょう。

なぜなら、WEBサイトで商品を購入・サービスに登録する場合、作り手の顔が見えた方が安心できるからです。

もし同じスペックの商品が2つあったとしたら、ユーザーは社長が顔出しで紹介したり、商品の使い方を動画で示したりしている方から買います。

機会損失を防ぐためにも、社長の自己紹介商品・やサービスの紹介動画をサイトに掲載しておきましょう。

訴求するポイントを絞り込む

商品やサービスを紹介する場合、訴求するポイントを絞って動画コンテンツを作成するのが効果的です。

自社の商品やサービスを紹介するときに、多くの企業はメリットを伝えようとし過ぎてポイントがぼやけてしまっています。

他社の商品やサービスよりも勝っている点を考えて、その点に絞って良さを伝える方がユーザーにとっては分かりやすいのです。

ユーザー目線に立って分かりやすい訴求をするために、アピールするポイントを絞ったコンテンツを意識しましょう。

商品・サービスの魅力の伝え方を工夫する

商品やサービスを紹介する動画コンテンツを作る際に、魅力の伝え方を工夫することが大切です。

せっかくの動画なのにただ商品を紹介するだけでは、動画マーケティングである必要はほとんどありません。

具体的には、商品をあらゆる角度から映す、使い方だけでなく実際に使っている様子を見せる、などが効果的です。

文字や画像だけではできない紹介の仕方を考えて、動画コンテンツとして発信しましょう。

お客様など第三者の生の声を伝える

動画マーケティングだけに言えることではないですが、お客様の生の声を伝えることは依然として効果的です。

作り手が商品やサービスの良さをアピールするのは当然なので、実際の利用者がお勧めすることでより信頼性を高めることができます。

例えば商品を利用した方にインタビューをしたり、SNSの投稿を掲載したりするという方法が一般的です。

ユーザーは買い物に失敗したくないので、不安を取り除くためにも実際の利用者の声を伝えるようにしましょう。

まとめ

今回は、動画マーケティングの具体的な内容や、動画マーケティングで成約率をアップするポイントについて解説してきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • 動画を見るユーザーが増えているので、動画マーケティングの有効性は増している
  • 動画マーケティングには「情報量が多い」「信頼関係を作りやすい」「認知を広めやすい」といったメリットがある
  • 動画であることを最大限活かしたり、ユーザー目線に立って考えたりすることが大切

この記事を参考にして、動画マーケティングについての理解を深め、商品やサービスの成約率を改善するための施策を打っていきましょう。

情報発信ビジネスサロン
好きなことをビジネスにできたら
あなたはその方法に興味はありませんか?

・自分のオリジナル商品で年間3000万
・家にいながら自動で売れる仕組み
・趣味に没頭できる毎日

ここだけの秘密ですが、今だけ無料でその方法を公開しています。
↓期間限定です!お早めにご覧ください↓