アフィリエイト

ブログアフィリエイトは1記事の文字数どれくらい必要なのか?

“” “” “l”]こんにちは!藤田です。今回は、ブログアフィリエイトは1記事の文字数どれくらい必要なのかについて解説します。

ブログアフィリエイトで必要な文字数は?

ブログアフィリエイトをする際に、1記事どのくらいの文字数が必要になるかということについて、考える人も多いのではないでしょうか。

詳しく文字をびっしり書いたほうが良いのか、それとも軽く読みやすい分量で書いた方がよいのかなどと、書く前から考えてしまう人もいるかと思います。

結論から言うと、文字数は最低2,000文字に設定して書くことがベストです。

トレンドアフィリエイトの場合は、有名人の訃報やスキャンダルといった速報系の記事で勝負するので、その事実を端的に伝える記事を書くだけで閲覧数を稼ぎ、アドセンス収入につなげることができます。

しかし、ブログアフィリエイトはいろいろなタイプがありますが、トレンドアフィリエイトではない場合は、ユーザーが求めている濃い内容のブログを書くことが必要です。

そのために、最低でも2,000文字以上の文字数が必要になります。

上位表示させたいのなら最低2,000文字以上書くこと!

上位表示させたいのならば、最低2,000文字以上は書くことを、とにかく意識してください。

ライバルリサーチをして、ライバルに足らない部分を補った内容を書けると素晴らしいのですが、そのためには、現在上位表示されている記事よりも優れた記事が求められます。

グーグルは記事内容だけではなく、文字数も評価に入れているのです。

そのため、上位表示させたいのならば、2,000文字以上になるような内容の記事を書き、詳細で情報が豊富で、ユーザーに分かりやすい文章やレイアウトになるように心掛けてください。

目安としては最低2,000文字ですが、上位ページの文字数の平均以上の文字数の記事が好ましいです。

グーグルは文字数を評価しているので、脱毛ジャンルなどのビックキーワードで検索を掛けて上位表示サイトを見てみると分かる通り、読みやすい文章で文字数が4,000文字前後のものが多く見られます。

これらを見ると、極端に短くてあっさりした文章はグーグルから評価されないということは、お分かりいただけるかと思います。

文字数を水増しするのはよくありませんが、しっかりと調査して、自分なりの意見や体験談などを加える等、オリジナリティとある程度の文字数のある記事を目指しましょう。

タイトルの文字数にも配慮しよう

文字数というと、記事本文のことを考えがちですが、タイトルの文字数にも配慮すると、よりPV数が上がります。

あなたのサイトの閲覧数が上がると、広告クリック率も上がるのでそのまま成約につながるチャンスも生まれるので、タイトルの文字数にも配慮した記事作成を行いましょう。

あなたの書いた記事が検索エンジンにインデックスされ、そして、キーワードで検索したユーザーの目にとまることとなります。

そのときに、目をひくタイトルだった場合クリックされやすくなるのは言うまでもありません。

タイトルの場合は、だいたい30文字までにとどめるように考えると良いでしょう。

あなたがライバルリサーチなどをすると、気付くかもしれませんが1ページ目に並んでいる記事のタイトルは30文字前後のものがほとんどです。

タイトルは30文字前後にまとめて、簡潔に分かりやすく書くことを心掛けましょう。

タイトルは長すぎると全て表示されないこともあるので、全部表示させたいと考えるのなら最大でも32字の文字数にしておいたほうが良いかもしれません。

ディスクリプションの文字数にも配慮が必要

タイトルの文字数以外にも、検索結果から見えるディスクリプションも重要な要素になります。

あなたがいくら頑張って記事本文を2,000文字前後の文字数におさめ、中身が濃くユーザーが求めている情報を盛り込んだ記事を書いたとしても、クリックされなければ誰も見てくれません。

ディスクリプションは、あなたが書いた記事本文の概要を説明する短い文章で、検索結果からユーザーにあなたの記事の存在をアピールするものです。

短い文章で記事本文に誘導し記事を読んでもらうという役割があるので、本文の文字数に含まれるものではありませんが、大切に書きましょう。

ディスクリプションの文字数は120文字前後に納めてください。

あまり長すぎるディスクリプションを書いてしまうと、グーグルの検索エンジンによって勝手に省略されてしまうことがあります。

そうすると、あなたがユーザーに伝えたかったことも省略されてしまいディスクリプションを集客に生かし切れなくなってしまうので、注意しましょう。

書き方のポイントとしては、あなたが記事に設定したキーワードがディスクリプションの前に来るように書くことをおすすめします。

ユーザーが探している情報が前のほうに来ていると、ユーザーは本文も読みたくなって、クリックしてもらいやすくなるからです。

自分が好きなジャンルを書くと記事数を稼げる

ブログアフィリエイトの1記事の目安となる文字数は最低でも2,000字以上が良いということは、先述したとおりです。

2,000文字という数字は、ユーザーがストレスなく最後まで読んでくれる文字数で、かつ、ユーザーが求めている情報を簡単に手に入れることができる文字数でもあるからです。

しかし、自分の知らないジャンルの記事を書くのは大変だというのは、考えなくても分かることかと思います。

需要があるジャンルだからといって、自分が知らないことを一生懸命書いていると、調べる時間もかなり掛かってしまい、なかなか記事が積み上がらないという悪循環に陥ります。

さらには、情報の網羅性に欠けた記事を書くことになってしまうので、中身の濃い記事を書くことは難しいでしょう。

記事数をたくさん積み上げることができれば、それだけあなたのサイトにユーザーが入ってくる入り口を増やすことができるということにつながります。

アフィリエイトはとにかく作業量に比例して収益が上がるビジネスなので、作業の手を止めないということも、重要なことです。

そして、自分の得意分野であれば書きすぎてしまうほど書けるという人もいるでしょうから、2,000字にハードルを感じる人でも続けることができるので、分野選定に迷ったときはこの分野からチャレンジしてみるのも良いでしょう。

長期的に稼ぐ記事になるように意識しよう

トレンドアフィリエイトの場合は、有名人の離婚や訃報、犯罪行為などが起こった、そのときにのみ有用な情報を記事にしてネット上に公開するため、記事の内容はそのときにしか役立ちません。

そのため、トレンドアフィリエイトをしていると常にトレンドに対してアンテナを張っていなければならないので、消耗戦的な部分もあります。

そのときに必要な情報を端的に短い文章で紹介しても、収益につなげることができるのがトレンドアフィリエイトですが、ブログアフィリエイトの場合はそうではありません。

ブログアフィリエイトの場合は、ユーザーの求めている情報を書かなければなりませんし、長い間、役に立つ記事を書き続けなければいけないのです。

グーグルは、あなたが書いた記事をライバルサイトと比べたりして、ちゃんと評価しています。

オリジナリティのある記事で、有益な情報を書いていると判断された場合は時間が掛かりますが少しずつ順位が上のほうに上がっていくような仕組みになっているのです。

そのため、あなたは記事を書くときは、2,000文字以上になるように意識しつつ、中身の濃い記事を書くように心掛けましょう。

文字数は必要に応じて調整しよう

ここまで何度も文字数が2,000文字以上がベストだというお話をしてきましたが、実は例外もあります。

グーグルが一番大切に考えていることがユーザーファーストのサイトであるかないかというところなので、そこを押さえていれば800文字の小さい文章でも評価が落ちたりはしません。

グーグルのキーマンであるジョン・ミューラー氏によるとグーグルのアルゴリズムには、文章の量で評価するものはないという話でした。

文章の量を見るのではなく、ユーザーが求めている情報をしっかり発信しているかどうかが一番重要な部分だとジョン・ミューラー氏は述べています。

そのため、タイトルと本文の内容が一致していないといった文章や、長文過ぎて何を言いたいのかよく分からない、ポイントがつかみづらいといった文章を書くくらいならば、1,000字に満たなくても、ポイントを絞った文章のほうが良いということになります。

ユーザーが何を考えて検索をしているかということを意識してコンテンツを作るほうが、1記事の文字数よりも重視されるという場合もあるのです。

文字数は2,000字以上がおすすめ!

ブログアフィリエイトをするならば、1記事の文字数は2,000字以上になるようにするのがおすすめです。

1記事2,000字以上の文字数は、ユーザーがストレスなく求めている情報を文章から読み取れる分量なのでおすすめです。

しかし、これはグーグルが掲げるユーザーファーストの方針に反さない場合に限ります。

2,000文字以上のの文字数で書いても、ユーザーに対して分かりづらいサイトになってしまったり、回りくどい説明になってしまうと、ユーザーの使い心地が悪いサイトになり、結果として、ユーザーファーストのサイトではなくなってしまうでしょう。

ユーザーが使いやすく、何を求めているかを徹底的に考えた場合、文字数が1,000字に満たなくなったとしても、グーグルはアルゴリズムでそれを否定したりはしません。

1記事2,000字以上という文字数は目安として考えて、場合によって分量を調節する臨機応変さが上位表示の鍵といえるでしょう。