メルマガ

メルマガリストの集め方とは?初心者でも簡単にできる方法教えます!

“” “” “l”]こんにちは!藤田です。

メルマガをスタートするとまず、

はじめに必ずぶつかる壁があります。

それがメルマガのリスト集めです。

 

リストとは、あなたのメルマガに

登録してくれたメールアドレスのことで、

このメールアドレスを少しでも多く集めないことには、

収益をあげることはできません

[kanren postid=”141″]

 

でも、初心者のあなたには、

ずば抜けた知名度や実績があるわけではありませんよね。

 

なので、初心者にとって、

このメルマガリスト集めは少し難しいでしょう。

 

だからと言って適当なリストを集めても

メルマガは読まれずゴミ箱へ捨てられるばかりです。

 

当然、読まれないのでものを売ることも

あなたを知ってもらうこともできません。

 

では、捨てられずにちゃんと読まれる

質の高いメールアドレスをどうやって集めるか?

 

今回は初心者でも着実に

メルマガリストを集めていく方法をまとめてみました。

 

この方法は結果がでるまでに少し時間がかかりますが、

1番簡単でちゃんと読まれるメルマガにするための

濃いリストを作ることが可能です。

 

このリストの作り方さえマスターできれば、

初心者のあなたでも

徐々にステップアップしていける内容になります。

本当に読まれるメルマガリストの集め方(初心者OK)

初心者が本当に質の高いリストを

集めるためにできることは…?

 

それは、ブログもしっかり作り上げて

検索エンジン経由でアクセスを集め

ブログを中心にメルマガ読者を集めていくことです。

[kanren postid=”650″]

 

では、具体的に説明していきますね。

メルマガターゲットを絞り込む

はじめに大切なのが、

メルマガのターゲットをできる限り絞り込むことですね。

 

できるだけ多くの人に届くものにした方が良いと

初心者の方は特に、

「あらゆるターゲットに届くものを作らなくては!」

と思われがちです。

 

でも、このターゲットを絞りきらない文章は

実は誰にも届かないのです。

 

不思議に感じられるかもしれませんが、

テキストが溢れていて顔の見えないネットでは、

誰か1人に刺さる文章でないと、

他に溢れている文章と同じ扱いを受けてしまいます。

[kanren postid=”398″]

 

だからこそ、メルマガのターゲットは

ある程度絞り込む必要があるのです。

 

また、想定されるターゲットは、

どんなことに興味を持っているでしょうか?

どんな風に情報収集をするでしょうか?

どんな媒体やデザインを好むでしょうか?

 

インターネットは広い世界で

想定した具体的なターゲットを1人設定したら、

それに似た人が100人はいます。

 

なので、その100人とつながり、

メルマガリストに加えられたら、

それだけで売れるメルマガを作ることが可能です。

 

だからこそ、まずはターゲットを絞り込むところから

実践していきましょう。

メルマガに合うブログを構築する

ターゲットに自分のメルマガを知ってもらう

きっかけに利用するのがブログです。

[kanren postid=”160″]

 

また、ブログももちろん、メルマガと同様に

ターゲットにだけ刺さるメディアを目指します。

 

そして、ブログで集客するには

記事数とSEO対策を強化させて

徐々に広げていくイメージですね。

[kanren postid=”684″]

 

SEO対策というとつい難しく考えられるかもしれませんが

まずはこの3つのポイントさえきちんと意識すれば大丈夫です。

 

• オリジナルで高いクオリティの記事であることを意識する

• ターゲットから外れない記事だけを集めていく

• ターゲットが検索しそうなキーワードを意識したタイトルをつける

 

特にオリジナルで あること、

クオリティの高い記事であることは

どんな時でも必ず意識していきましょう。

[kanren postid=”1272″]

 

ワードプレスのテンプレートや外部リンクも

確かに多少の意味はありますが、

たくさんのオリジナルの記事に勝ることはありません。

 

そして、SEO対策はすぐに結果が出るものではありませんが

こまめに記事を追加し続けていると、

ある日突然、人が集まってくるようになります。

 

なので、メルマガと並行して、

根気強く継続して実践してください。

絶対欲しい!と思われる無料プレゼントを用意する

メルマガリスト候補者がブログに訪れたとしても、

多くの場合、メルマガを登録してくれるところまでは難しく

ブログの記事を読んで納得したら

そのまま帰っていってしまうのが一般的です。

[kanren postid=”1363″]

 

そして、それを食い止め、

メルマガ登録者になってもらうために

有効なのが無料プレゼントです。

 

他のブログでもこんなものを見たことはないでしょうか?

 

「〇〇を無料プレゼント!氏名とメールアドレスを登録してください」

これがそうです。

 

また、プレゼントする場合は

「これなら絶対にターゲットに当てはまる人が喜ぶ!」

と思うプレゼントを用意してください。

 

初心者だからプレゼントなんて…、と思うかもしれませんが

今の自分にできる最大限のプレゼントを用意すれば良いのです。

 

私も初めは全然リストがとれなくて苦戦していましが、

プレゼントを追加しただけで、

リストが今までの2倍とれるようになりました。

 

なので、それだけ無料プレゼントは

とても重要だということですね。

 

そして、その熱意や価値を感じ取ってくれた人だけが

少しずつメルマガ読者になっていってくれるでしょう。

 

そんな風に集まってきた読者こそ、

メルマガをちゃんと読んで信じてくれる、

濃いメルマガ読者になってくれるのです。

本当はおすすめできない、よくあるメルマガリストの集め方

この他にも、メルマガリストの集め方を調べていると

よく出てくる定番の方法がいくつかあります。

 

• 無料レポートスタンドに登録してリストを集める

• メルマガの号外広告でリストを集める

• 特別な無料オファー企画を開催してリストを集める

• メルマガリストを購入してしまう

• メルマガの相互紹介を利用する

 

確かに、このような方法をうまく使えば、

メールアドレスを集めることは可能で

メルマガリストをたくさん集めたければとても有効な方法です。

 

でも、そこで集まるリストの質はあまりよくありません。

 

その理由は、読者はあなたのことを知らないからです。

 

つまり、ただ単にアドレスばかりが集まるだけで、

そのリストが生きる可能性はとても低いですね。

 

やはりブログで訪問者にしっかり教育して、

ブログ経由から登録された読者リストのほうが

はるかに商品の成約率もあがります。

[kanren postid=”378″]

初心者でもできるメルマガリスト集めSNSの活用やLPの制作も

無料のプレゼントを用意してブログを更新し、

メルマガを書くだけで精一杯!

はじめのうちはそういう方が大半です。

 

でもそれにも慣れてくる頃、

少しずつ濃い読者を集められ、基盤が整い

気がついたら脱初心者もできているでしょう。

 

そこまでの手応えを感じたらぜひ、

段階的にこんな方法も取り入れてみてください。

 

• メルマガ読者募集専用のLPを用意する

• ブログやメルマガをより拡散できるSNS運用も取り入れる

• 無料プレゼントをバージョンアップしていく

• メルマガを大手スタンドに切り替えてみる

• メルマガ読者募集のためにPPC広告を出稿してみ

 

こういった対策を取り入れていくと、

整った基盤の上にまた新たな柱が建てられ、

より質と量を高めていくことが可能です。

[kanren postid=”1622″]

 

ただ、あくまで、取り組むのはメルマガにもブログにも慣れ、

自分なりに手応えを感じられてからで、

まずは基盤を整えることに集中してきましょう。

初心者にとってメルマガリストで重要なのは数じゃなく質

メルマガ運営初心者にとって、

メルマガリストは1日3件も増えたら十分です。

 

1日3〜4件増えたら、1ヶ月で約100件なので、

それが1年続けられたら発行数は1,000件を超えます。

 

それだけの人にメルマガが配信できたら、

もうかなりの売上を達成できるはずです。

 

また、私の知り合いで17人に配信したメルマガが

1日で200万の売上を達成したという実績もあります。

[kanren postid=”389″]

 

この実績こそ、

「メルマガリストは量よりも質」だと物語っていますよね。

 

「本当にちょっとしたことで大きく差が出る」

それこそがメルマガリスト集めというものです。

 

焦って数を増やそうとする必要はありませんので、

まずは質の高い読者を集められるように

基盤を整えていきましょう。

 

何か質問や感想などあればご連絡ください。

以下のリンクから藤田に問い合わせできます。

基本的に24時間以内に返信しています。