Webマーケティング

1h60億の秘密

こんにちは!藤田陸です。

最近は、フェイスブック広告のABテストをひたすらやっています。

オプトのランディングページの請求するポイントを変えるだけでバックエンドの申し込み率が10倍とか変わるので面白いですね!

さて、本日のメルマガのタイトルの

「1h60億」

この数字は一体なんの数字かわかりますか?

これは、アメリカ前大統領オバマさんが大統領選挙の際に支持者から多くの寄付金をネットから集めたのですが

その時のランディングページのABテストをした事例になります。

この時は、3つのLPを使って寄付金を集めていました。

3つの違いは

Aオバマと家族の画像+文字CHANGE(変革)
B白シャツのオバマ画像+文字CHANGE(変革)
C黒ジャケットのオバマ画像+文字INVOLVED(参加しよう)

という感じです。

この時に1番多くの登録率があったのはAのオバマと家族の画像+文字CHANGE(変革)でした。

そして、AとBCとの登録率の差は40%くらいあり結果的に金額にするとこの改善効果による増収金額は60億円と言われているみたいです。

つまり何が言いたいかと画像と請求文を変えるだけで中身は同じでも結果が大きく
変わるということです。

LPの画像を差し替えるくらいなら慣れている人であれば1時間もかからないでしょう。

このLPを担当したチームはグーグル社で活躍していた人たちみたいですが、60億円に貢献したということですね。

そんな感じで、私も今年はオウンドメディアと広告集客をメインにやっていますがLPの改善はやり続けています。

冒頭でも話ましたが、LPの請求文を変えるだけでもお客さんの質やバックエンドの成約率が大きく変わるしそこの部分を変えるだけで今の集客数を変えずに売上を10倍にできるということがわかったからです。

すべてはテストですね!