情報発信

SNS集客のやり方!ツイッター・フェイスブック・インスタグラム 

“” “” “l”]こんにちは!藤田です。

集客にSNSを利用することはもう必須の時代で、利用者数の多さや情報の拡散力の強さなどから、SNSマーケティングで成功することが集客に大きく影響します。

ただ、SNSは集客アップに効果があると分かっていても、いざやってみて運用ができないまま放置していたり、各SNSのフォロワーは増えたけれど集客にうまく結びついていなかったりしませんか?

SNSの特徴や運用法がよくわからずにツイッター・フェイスブック・インスタグラムをただやって入るだけで、集客に効果的に活用できなくなってしまっている方も多いでしょう。

ここでは一般論だけでなく、あなたのサイトに即効性のある集客手段のツイッター・フェイスブック・インスタグラムの集客激増法を説明します。

SNSを集客に活用するには?

ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどのSNSを集客に活用するには、

『SNSを状況に応じてうまく使い分ける』

これが重要です。

あなたがもっとも集客できるはずであるSNSに優先順位を付けて、それを正しく運用することが成功の近道になります。

SNSの優先順位を考える重要ポイント

① 各SNSのユーザー層を知る。
② 各SNSのメリット・デメリットを知る。

ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどの複数のSNSを集客に活用するのに自分のサイトにはどのSNSを優先するか見定めてください。

もちろん、ツイッターもフェイスブックもインスタグラムも全部大事なのですが、効率よく集客するために一般論で

「○○なら~がいい」

と決めつけず、あなたのサイトに一番集客力のあるツールを優先的に運用しないともったいないです。

ツイッター・フェイスブック・インスタグラムのユーザー層それぞれのSNSのユーザー層について解説しましょう。

各々の傾向を理解すれば、集客のための上手な運用方法が見えてきます。

ユーザー層

Facebook(フェイスブック):30~50代の中・高年層
Twitter(ツイッター):10~30代の若年層
Instagram(インスタグラム):10~20代の若年層

SNSの特徴である「情報発信のツール」としては、Tツイッター・フェイスブック・インスタグラムのユーザーの2~3割程度がそれぞれを活用しています。

重要なのは

『SNSのユーザー層が顧客層とマッチしていたら、あなたの使い勝手にベストでなくてもそのツールを活用する』

ということです。

SNSを単純に

「簡単で使いやすいから」
「フォロワー数が多いから」
「いいねをもらえたから」

という理由で、SNS運用にしだいに偏りができて、集客のために優先すべきツールを間違っていませんか?

ぼんやりととりあえず始めたという、全く戦略性のを考えていないSNS運用では、絶対に失敗します。

私が今まで指導してきた方達も、とりあえずという感覚でSNSを始めただけで、うまく集客に活かしきれていませんでした。

再度、あなたの主要顧客層や今後狙っていきたい顧客層を考えた上で、どのSNSに力を注いでいくべきか考えましょう。

Twitter(ツイッター)の運用方法

Twitterは主要なSNSの中でも拡散力があり、利用者は10~30代の若年層が多い傾向があり、若者へのブランド認知向上や情報伝達を得意とします。

リアルタイム性が高い

140文字という短文投稿メディアで、気に入った投稿や他の人に教えたい情報は「リツイート機能」も多用し、全く関わりがない人まで情報を拡散することができて、拡散力が非常に高いメディアです。

文字制限のある中で話題になる投稿をすることは、簡単なことではありませんので、#(ハッシュタグ)を上手に使ってみましょう。

Twitter(ツイッター)広告で新規客獲得も可能

Twitterでは広告が利用でき、目的に応じてキャンペーンを配信できます。

SNS広告がヒットしてユーザーが拡散した場合、拡散力の強いTwitterはその集客力が大変大きいです。

Twitter(ツイッター)のポイント

・若年層の利用率が高いので若年層への影響力が大きい
・リツイート機能で情報の拡散性が良い
・気軽にリアルタイムな投稿ができる

Instagram(インスタグラム)の運用方法

Instagramの特徴は、画像・動画を中心としたツールで手軽に投稿でき、フィルターなどで自分が撮った写真をおしゃれに加工することが簡単なところです。

アクティブ率の高さや参加ハードルの低さなどにより10~20代の女性若年層がユーザーの中心層で、アパレルやコスメ、飲食業を中心におしゃれで個性のある雰囲気が人気を集めています。

投稿や閲覧がすでに日常の一部となっているユーザーも多く、視覚に訴えて購買欲を刺激できるため、エンゲージメント率が非常に高く、Facebookの約10倍というデータもあります。

インスタグラムおすすめの集客ツール

おすすめの集客ツール①:Repost for Instagram

インスタグラムは、シェアやリツイートができませんので、専用のアプリRepost for Instagramを利用することでリポストを行えます。

おすすめの集客ツール②:ハッシュタグ手帳

ハッシュタグの管理をでき、使用するハッシュタグを保存してすぐに呼び出せます。

保存したハッシュタグを検索し、履歴からハッシュタグを新しく発見することもできて非常に便利です。

Facebook(フェイスブック)の運用方法

Facebookは30~50代の中・高年層に利用が多い世界最大のSNSで、毎日1600万人の国内ユーザーが活用しているSNSです。

実名登録制で信頼性が高く、他のSNSよりも年齢層が高いので企業がビジネスツールとしても活用しています。

真面目が売り

Facebookで「いいね!」する際は、ビジネスや登録されている人たちに情報を発信するので、ふざけた宣伝ばかりの内容を投稿してしまうと、「いいね!」をしてもらえない場合があります。

Facebookは真面目さを意識しながらの投稿が大切なのです。

自分のサイトがFacebookとマッチしているか、もう1度見直してみましょう。

宣伝ばかりの投稿をしない

Facebookは検索結果で上位に表示されるので、プロフィール欄を常に最新情報にすることも重要です。

しかし更新しすぎても逆効果で煩わしさを感じ、頻度が上がるごとに逆に反応が減っていくことがあるので、1日の投稿は2回未満が良いです。

目的に合わせてSNSを選択すれば集客が一気にアップ

SNS集客で重要になるのが、目的に合ったSNS選びです。

ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどの各種SNSは、それぞれにメリット・出目率とがあり、適切にSNSを選択しないと失敗に終わります。

この機会にもう一度、SNSの運用方法・集客販促方法を検討してみましょう。

集客したいターゲットユーザーがどのSNSを活用していることが多いのかを認識して、特徴や違いを比較した上で力を入れるSNSを決定してください。