コピーライティングで初心者が稼ぐには3つの壁を越えよう!

藤田です。

コピーライティングには「3つ壁」がある

ということをご存知でしょうか?

 

「3つのNot(ノット)」とも言われます。

 

これを知らずに一生懸命文章を書いていても、

あなたから商品やサービスは売れないと言っても

過言ではないくらい、コピーライティングの「常識」

であり「大前提」として知っておかなければいけません。

 

この3つの壁を越えられないと、どんなに

マーケティングについて一生懸命学んでも、

どんなに良い記事や文章を書いても、身につけた

スキルを活かすことができないのです。

 

逆に3つの壁を意識して文章を書けば、それだけで

商品やサービスは売れるようになっていきますので、

あなたの文章がきちんと成約に結びつくように

しっかり理解しておきましょう。

 

超えるべき3つの壁(3つのNot)

  • 読者はあなたの文章を読まない(Not Read)
  • 読者はあなたを信じない(Not Believe)
  • 読者は行動しない(Not Act)

 

では、ひとつずつ説明していきますね。

 

コピーライティングの3つの壁:読者はあなたの文章を読まない(Not Read)

ブログの記事、メルマガ、セールスレター、

LP(ランディングページ)、全ての文章に共通して

言えることですが、読者は基本的にあなたの文章を

きちんと読んでくれるわけではありません。

 

読者はみんな忙しい中でネットの情報を見て

そして、その情報の多くが

「知らない人」「興味のない人」の情報なのです。

 

にも関わらず、あなたの記事や文章だけが

特別きちんと読んでもらえるわけがありません。

 

あなたもなんとなく検索した記事や、

毎日配信されてくるメルマガを

全部真剣に読んでいませんよね?

 

あなたのブログやメルマガが

そのようにスルーされてしまわないように

読まれる文章にしていきましょう。

 

興味を引く

まず読んでもらうためには、記事やメルマガを

開いてもらわなくてはいけませんので、

思わずクリックしたくなるタイトル

をつけましょう。

 

時間がかかっても構いませんので

「読者の心を惹きつける、魅力的なタイトル・キャッチコピー」

を手を抜かずに徹底的に考えてください。

 

例えば、

「文章の書き方」というタイトルよりも

「だからあなたの文章は読まれない!」という

タイトルの方が読んでみたくなりませんか?

 

元々興味のない人に読んでもらうには、

最初は多少強引なタイトルをつけても

いいかもしれません。

 

その結果「この人はいつも面白いタイトルだ」

とあなた自身を認知してもらえれば、

これからも読み続けてくれるようになります。

 

ただ、「認知される」ということは

今後のブランディングにも影響しますので、

あまり過激なタイトルや炎上を狙ったタイトル

は付けないようにしましょう。

 

「数字」を使って具体的に書く

具体的に書くために有効なのが

「数字」の利用です。

 

「ブログのアクセスをアップさせる方法」よりも

「ブログのアクセスを2倍にする方法」

の方が具体的です。

 

「初心者が大きく稼ぐノウハウ」よりも

「初心者が3ヶ月で月収100万円を稼ぐノウハウ」

の方が具体的です。

 

数字を使うことで読者は内容がイメージ

しやすくなって、

「自分の知りたい情報かどうか」

を判断できるのです。

 

結果、「読む価値がある」と思ってもらえれば、

さらに先を読み込んでもらえるようになります。

情報発信ビジネスのやり方実績なしの始め方稼ぐ方法教えます!

2018年3月19日

 

ベネフィット(未来)を見せる

「この商品を手にするとあなたはどうなるのか?」

というベネフィット(未来)

をしっかり伝えましょう。

 

ここで間違えてはいけないのが

「月に100万円稼ぐ」というのは

ベネフィットではなく「メリット」です。

 

ベネフィットはメリットの先にあるもので、

この場合は

「月収100万円稼いで手に入れられる未来」

がベネフィットになります。

 

商品やサービスの良いところを並べるのではなく、

その商品を使った読者が手に入れられる未来を

具体的に示しましょう。

 

例えば、月収100万円を稼ぐことができたら、

  • 会社を辞められる
  • 趣味にお金をかけられる
  • 好きな車を買える
  • 好きな時に旅行に行ける

などのベネフィットがありますよね。

 

読者の「この未来を手に入れたい」

という感情をいかに呼び起こしていくか

が大切です。

 

コピーライティングの3つの壁:読者はあなたを信じない(Not Believe)

基本的に読者は顔も知らないあなたのことを

信じていませんし、そんなあなたが発信する

情報を信じません。

 

インターネット上の情報を

最初から疑っているのです。

 

どんなに有益な情報を書いたとしても

「怪しい」「胡散臭い」「そんなうまい話があるわけない」

という感情から入ります。

 

そのため、その読者に対して

「私の話は真実です」

という理由や根拠を述べて

信じてもらわなければなりません。

 

具体的には「ベネフィットの根拠」を述べます。

 

「このような方法で月収100万円を稼げるようになります」

「○○だから月収100万円を稼ぐことができるのです」

 

といったように、

 

「なるほど、これならできそうだ」

「そういう理由で稼げるようになるのか」

と読者に納得してもらえる根拠を書きましょう。

 

それに加えて、「実績画像」「お客様の声」

を掲載しても良いでしょう。

 

証拠があることで情報の信憑性が増して、

さらにあなたのことを信じてくれるように

なってきます。

 

また、メール等を通じて読者とやり取り

ができれば、先にあなた自信を信用してくれる

こともあるでしょう。

 

そうすれば自然とあなたの発信する情報も

信じてくれるようになりますし、

直接やり取りをすると信頼関係も築きやすいので

リピーターになってくれる可能性もあります。

 

コピーライティングの3つの壁:読者は行動しない(Not Act)

あなたの文章を読んでくれて、

あなたの情報を信じてくれたけれど、

読者はそう簡単に行動に移してはくれません。

 

あなたの商品を買うことよりも大事なこと

がありますし、今買う必要性がなければ

後回しにします。

 

そして後回しにしているうちに忘れてしまい、

結局商品を買わないのです。

 

そのため、後回しにせずに

すぐに行動してもらう工夫をしていきましょう。

 

緊急性・限定性を使う

スーパーなどのタイムセールと同じで、

「今ならお得」と感じてもらうのです。

 

「今ならお得」という感情の裏には

「逃すと損をする」という気持ちが隠れています。

 

本当は買わなくても損をすることはありませんが、

「お得に買える機会を逃す」ことが「損」

だと錯覚してしまうわけです。

 

あなたも、大して必要もないのに

タイムセールに煽られて物を買った経験

はありませんか?

 

おそらく

「せっかくだから買わないともったいない」

という感情が働いていたのだと思います。

 

そのため、いつでも買える状態ではなく、

期間限定で販売したり、期間限定の特典を

つけたりして、「今買う必要性」を

自分から作っていきましょう。

 

具体的に行動を指示する

「これなら自分にもできそうだ」と、

あなたの文章自体を信じてくれて、そこに

購入ボタンがあったとしても読者は

「ボタンを押す」という行動をしません。

 

「ここにボタンがあれば普通はそのままここから購入するだろう」

ではだめなのです。

 

そのため、ひとつひとつして欲しい行動に対して、

こちらから明確に指示をしておく必要があります。

 

  • ご購入はこちらのボタンをクリックしてください
  • こちらからメルマガに登録してください
  • 詳細はこちらのボタンをクリックしてご確認ください

 

このようにややおせっかいなくらい

丁寧に指示をしてください。

 

ここまで促して、

ようやく行動に移してくれるようになります。

 

コピーライティングで初心者が稼ぐ3つの壁まとめ

コピーライティングの3つの壁(3つのNot)

についていかがでしたでしょうか。

 

情報発信者の多くは、

ブログ・メルマガ・セールスレターなどの文章は

「書いたら読んでもらえる」

と当然のように思っています。

 

しかし、実際にはほとんど読まれていないので、

「いかに読ませるか?」

を考えて文章を書かなくてはいけません。

 

読んでもらったら次は信じてもらうこと、

信じてもらったら次は行動してもらうこと、

この3つの壁を乗り越えて「売れる文章」

を書けるようになってください。

コピーライティングとは初心者が稼ぐにはコピーライティングは必須?

2018年3月14日

 

ではまた

 

何か質問や感想などあればご連絡ください。

以下のリンクから藤田に問い合わせできます。

基本的に24時間以内に返信しています。

藤田に問い合わせする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は在学中の20歳の時にアルバイトを色々経験して、会社に雇われずに生きたいという欲求が強くなり就職活動を捨てました。

そこからネットで起業してから、現在は家にいながら月200万〜500万くらいの収入を得て自由なライフスタイルを送っています。

パソコン一台でネット上に集客と販売を自動化する仕組みを作り、これがあるおかげで自分が働かなくても収入を得ることができるのです。

こんなことをいうと、難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能とか関係なく努力次第で理想のライフスタイルを送れるようなります。

私のこれまでの知識や経験を、多くの方に知ってもらいたいと思い、「今から何をしていけばいいのか?」を6ステップでまとめたセミナー動画をプレゼントしています。

ぜひこちらから受け取ってください。